いい商品をとんでも無い価格で購入出来ました!それが嬉しい。

今日は知り合いに誘われて、チャリティーバザーに参加してきました。チャリティーと聞くとやや固いイメージがあり、売っている物もあまり楽しい物ではないのだろうと思っていました。

まぁ、誘われたので時間つぶしに付いて行く程度に考えて行ってきました。ユニセフが主催しているもので、販売している物は新品ばかりの服や雑貨、消耗品等様々でした。

場所もよく分かりやい所と思っていましたが、繁華街に出たのが久しぶりで少し迷ってしまいました。子どもも一緒に連れていたので、いつになったら着くのかと散々文句を垂れられました。

一度降りた自転車にもう一度載りなおして、目的地を探しました。ようやく着くともう2時間程で終る頃でした。若い子もいたのですが、皆、鏡をみながら踊っていました。

その合い間でユニセフのバザーが開催されていたのです。客層は60代から70代が多いイメージでした。私には関係ないかなと斜めに構えてみていました。

悩み迷っていると半額のアナウンスが……

服も多くの物が山積みになっていて、その服を数枚手に持って見てみました。中には普通に可愛いなと思う物があったので、タグを見てみました。

すると普通に見た事のあるブランドだったのです。それが新品の状態で、しかも破格で販売されていたのです。

私は中でも薄いブルーのセーターを目に留めました。首元と手首の所にビジューが付いています。肌触りも大変良く、良い物なんだろうなと言う事が分かります。

何度か買おうかどうしようかと悩みました。買うつもりで来ていなかったと事、結構直ぐには決断できないタイプだからです。ただ、バザーはこの日で終りです。次の機会に、と先に決断を延ばす事も出来ません。

知り合いに服を見せると凄い良いじゃない!!と褒めてくれました。その後もどうしようどうしようと悩んでいました。子どもに見せてもいい感じ!と言ってくれるのです。上品な品だなと本当に思います。

数十分悩んで、他の店を見たりしていました。するとアナウンスでこれから全ての商品が半額になると言うのです。この放送の後から急に皆活気づきました。

何度も来ている人は流れを知っているかの様です。もしかして、先ほどの服も半額になるの!?と思い、駆け寄りました。すると、他の人が友人と見ていて、その服を手に取り、こんな派手なビジュー!!みたいな感じで笑って投げ飛ばしていました。

年齢層は50代です。50代には派手なんだと思いました。結局私はそれを半額で購入する事が出来ました。定価は12000円の商品が破格の値段です。散々悩んで良かったなと思いました。

それを着て保育所に向かえに行ってみたり、仕事に行きました。やっぱり皆褒めてくれるのです。

単身のインターネット・ライフで人生を考えるこのごろ

インターネットでブログ生活を始めてから5年と2か月、最初は250文字くらいの短文からでしたが、コミュニティ・サイトの経験が活かせました。

ブログというのは不特定多数の人を対象にしたもので、名称は最近知名度が高くなったクラウドワークス。こういった形のジャンルは休日の副業としていろいろありますが、ライフ・スタイルとして落着いています。

休日でもゆっくり起床し朝食のトーストやスープ、ホットミルクを飲みながらインターネットのこととか、掃除、洗濯のことを考えます。

既婚の人から見ればのんびりライフのような感じらしいですが、毎日忙しくて趣味が持てなかった主婦時代の日常を思い出せば、まぁこれでよかったのかなと思えます。

経済的には以前より小幅で質素ですが食事の献立とか、普段着やおしゃれ着はまずまずという感じです。

単身生活を始めてから10数年、周りの人はおつき合いする人がいないと寂しいだろうとか言いますが、案外気楽です。主婦時代は食事とか家の中のことを中心にして、いろいろ気づかいでした。

でも、そういう生活を20年くらいすごし辿りついたのが現在の単身生活、仕事に復帰してみれば家庭円満という雰囲気が殆どですが、それはそれなりにストレスがあるようで、シングルはいいわねと言われます。

著名人の生き方から老後を考えます

デジタルとか家庭製品の技術が進歩した時代でもあり、食料品を買うのにも生協のパルシステムが便利。経済的な状況は一般より小幅ですが、最近テレビで著名な俳優さんの訃報を聞くと、50代後半からの人生をどのようにすごせばよいか考えさせられます。

50代後半、気力と体力の面で若い頃より低くなっていますが、家庭生活や仕事復帰などの経験から精神性とか心理に対する理解度が高まりました。なのでこの秋亡くなった樹木希林さんのこれまでのプロセスとか、穏やかで円熟した生前の様子を拝見するとよいお手本と思います。

20代中盤で結婚してから妊娠し、10か月後に無事出産してからは家事と育児に勤しむ毎日、このプロセスがひと段落した現在は女優さんとか、著名な方々の生き方がカッコいいなとか素敵に思えます。

今日も夕方にNHKのドラマで糸子さんという役柄の夏木マリさんと、辰巳琢郎さんの会話を聞きながら時代の変化を感じ、しんみりと目頭が熱くなるのを感じました。

艶っぽかった歌を歌っていた夏木マリさんは年齢を重ね、顔や襟元が小麦色という感じで皺もありましたが、高齢になっても演じることにこだわり懸命というのを感じました。

50代後半、老後という言葉が浮かびますが著名な先輩方を拝見していると、老いていくのもよいものと感じました。